釣りバカ店員のノット紹介~針結び編~

こんにちは!イエローフィッシュ徳島店の南部です(‘;’)

本日から不定期で私が行っている糸の結び方をご紹介いたします!

本日は針結びのご紹介。

エサ釣り用の針だと、糸を通す環がついていないものが多いですよねー(*_*;

グレ釣りを始めた際に初めてするようになったのですが、やってみるとそこまでは難しくなく、しかし強度や結ぶスピードを追及すると奥深い…と感じた次第です。

はじめは一般的な「外掛け結び」という方法で行っていましたが、よりオススメの結び方を教えて頂き、今はその方法で結んでおります。

ちなみに名前ですが、ネットで調べてみると「本結び」という名前のようです。

それでは画像付きでご紹介♪

1.まずは針と糸をこのように持ちます。(糸の先端はタタキの部分から3cmほどで大丈夫です)

2.糸の元側を丸めてループを作ります。

3.右手に持ち替え、タタキの部分と糸を一緒につまみます。

4.ループの左側を左手でつまみ、

糸の先端と針を一緒に巻き付けます。

これが一度だけ巻き付けた図。

5.最初に巻き付けた位置からタタキ側のほうに向かって巻き付けます。(3~6回ほど)

(ピンボケしていますが)最初に巻き付けたのが1番左側になるように右側へと巻き付けました。

6.糸の先端を引っ張って締め込みます。(この時、針に巻き付けた糸がほどけないように右手で巻き付けた箇所を押さえます。)

7.糸がタタキの針先側に来るように位置を調整したらキュッと締めこんで完成です。

余った先糸は切りましょう(^o^)丿

この本結びのいいところは、

・慣れると外掛け結びより早い

・外掛け結びより強度を出しやすい

・とんでもない太号数まで対応(100号の糸でも結べるとか…)

等が挙げられます(^^)/

最後に締め込む際に糸の先端側を引っ張る為、糸の摩擦で縮れてしまっても切ってしまうため問題なし、というのが強度の出しやすい点でしょうか。(外掛け結びは上手にやらないと、針の上の部分が縮れてしまうのです…)

どうしてもノットの際に糸が縮れてしまうと強度は落ちますし、糸が不自然に曲がってしまうと魚の食いにも影響しそうなのが釣り人の心情ですよね((+_+))

もしこれから、こういった環無し針を使う釣りを始めるという方は是非試してみてください(^o^)丿

次回は「ヒラスズキ釣りの際に、ルアーを接続するコンビリングへの糸の結び方」をご紹介しようと思います!

以上、南部でした(^_-)-☆

**********************************************************

只今徳島店ではイベント開催中です♪

皆様の釣果写真を自慢しませんか?(*’▽’)

イベント情報はこちら→http://yellowfish-tokushima.com/2018/03/01/post-1152/

**********************************************************

イエローフィッシュでは竿やリール、ルアーや釣り小物の買取をやっております。

ルアー1つからでも買取致しますので、よろしくお願い致します。

毎日、様々な商品を入荷しておりますので、是非ホームページをご覧下さい。

**********************************************************

イエローフィッシュ徳島店
TEL:088-538-7788
http://yellowfish.jp/

友だち追加

 Yellowfish_tokushima